北軽井沢の山奥から物語をつくるスタッフブログです
by sg_kitakaru
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:気候・服装( 53 )
キャンプ日和と秋の空
こんにちは、ぐるぐるです!


ここ最近の北軽井沢は好天が続いております!

b0174425_14303305.jpg

まさにキャンプ日和です!

高原の秋晴れと言うのは本当に気持ちが良いものですね♪

今朝なんかも、最近伸ばし気味の髪の毛を、秋風がサラリと撫でて行っただけで何か恍惚感の様なものを感じてしまいました!


テントサイトの皆さまも、コテージ・キャビンにご宿泊の皆さまも秋のスウィートグラスの魅力を十分に感じて頂けていると思います!(そう信じております!)


さぁ、もうすぐシルバーウィークです♪

今のところ週の天気予報でも今週末は晴れ模様!
予報を信じて週末を待つとしましょう♪



p.s. 浅間高原の秋の夜は今の時期、10℃近くまで冷え込む日もありますので防寒対策などはくれぐれも油断なさらぬようお願いします。

◆秋の服装一例◇

☆昼ver.(モデル:ぐるぐる)

b0174425_13184061.jpg
日中は、この程度の服装で快適に過ごせます♪

※ポーズに関しては、特に突っ込まないで下さい。写真に写る時には必ずふざけてしまうと言う、お調子者としての性(さが)です。


★夜ver.(モデル:つぐつぐ)

b0174425_13211859.jpg
※彼女はれっきとしたSGスタッフです。新種のカボチャではございません。

寒い夜などはフリースにプラス、ダウンジャケットなどもお持ちいただくと安心でしょう。




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-09-14 13:40 | 気候・服装 | Comments(0)
涼風至―すずかぜいたるー
おはようございます、ぐるぐるです!

さぁ、お盆休みを直前にして、世間ではいよいよ夏本番と言った雰囲気ですね♪
避暑に北軽井沢などはいかがですか?



さて、猛暑の続くここ最近ですが、暦の上では「立秋」となりました。


不思議なもので今朝目覚めると僕は、自らの五感に昨日とは異なる感覚を覚えました。

木々は秋を思い起こさせるような薫りを醸し出し、
昨日まで競い合うように鳴いていたセミたちは沈黙し、
緑豊かな木々たちも下に目を落せば落ち葉がまばらに身を寄せ合い、
手足の指先は冷えからかピリピリと痺れ、
何とは無く瑞々しい梨をひと齧りする。

僕は生まれてこの方、四季の移り変わりをここまで鋭い感覚で感じ取ったことはありませんでした。

日本の気候と言うものは、ほぼ暦通りに変わって行く。
先人たちの季節を感じ取る感覚というのは本当に素晴らしいと思います。

僕もこれらの感覚、養って行きたいものです。



さて、世間一般では良く「○○の秋」と表現されることがありますが、僕が今年目指すのは「文化系の秋」。
読書、映画、音楽、歴史、語学等に関する文化系への傾倒を、いつにも増して深めたいと思っております。

「えっ!キャンプ場スタッフなのに!?」と思われた方、ご安心ください。
僕にとって「アウトドアは通年」です。

皆さまにとって、今年はどのような「秋」になるのでしょうか?

(「キャンプの秋」だと嬉しいなぁ…。)





なんだか今日は秋を身体全体で感じ、―夏真っ盛りだと言うのに―、センチメンタルな気分になってしまったので、いつに無く凝ったブログになってしまいました。

普段はお調子ブログしか書かない僕ですが、たまにはこう言うブログも良いですよね…?




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-08-09 10:03 | 気候・服装 | Comments(0)
夏の嵐にご用心!
こんにちは、ぐるぐるです!



雨 雨 降れ降れ かあさんが じゃのめで お迎え うれしいな♪…


b0174425_18455450.jpg

…って、そ、そんなに降られても困るんですけど!!!
蛇の目の傘壊れてしまうんですけど!!!



ここ最近北軽井沢は、突発的な夕立雨が続いております。


建物のお客様は比較的安心してお過ごし頂けると思うのですが(停電などの心配はありますが)、テント泊のお客さまにとって、この雷雨と言うものは最新の注意を払って警戒しなければならない自然の猛威のひとつです。



まず、ご注意頂きたいのは、ゲリラ豪雨。
雨雲レーダーを見ればいくらか予測は可能ですが、それが100%と言う確証はありません。
実際に今日も、小雨程度の予報だったのが上図の有様…。


テントを立ててお出かけされる際は、テントやタープ等のロープの張り方やペグの打ち方、テントの戸締りはしっかりとしてお出かけ下さい。
強風や豪雨は、しっかりと張られていないテントなどは軽くなぎ倒します。

もし「どう張ればよいのかわからない!」というお客様がいらっしゃいましたら、是非SGスタッフにご相談下さい。
そこは腐ってもキャンプ場スタッフ!!
(※ちょっと、いや、大分語弊があるかぁ…。)
できる限りのお手伝いはやらせていただきます!


また、お出かけされる際に、もう一点ご注意頂きたいのは(これはあらゆるシチュエーションで言えることですが)「火」
の管理です。

先日あったのが、夕立雨時のパトロールで、強風・豪雨により倒壊したタープを見かけたので近寄ってみると、お客様は不在。
崩壊したタープの1m先にはまだ火のついた焚き火台が…。

一歩間違えれば大惨事でした。

皆さま、十二分にご注意ください!


また、雷に関しては、ゴロゴロ鳴リ始めたら、テントの中よりは車の中へ避難する方が得策です。
テントやタープに使われるポールの形状によっては落雷の可能性が高まります。
また、大抵のポールは金属製ですので、落雷すると伝播し、その場にいると感電します。

僕は自称「山登り愛好家」ですので高地における雷の脅威は少なからず知っているつもりです。

皆さまも、アウトドアを楽しむ上で、自然に対する最低限の知識は備えて置くと、いざという時の為に役に立つと思います。




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-08-05 22:19 | 気候・服装 | Comments(0)
ひぐらしのなく前に、テラスで夕涼みを。
ごんにちばぁ~、ぐるぐるでずぅ~...。(汗)


今日は...
なんて暑さ!

出だしの挨拶からだらけてしまい、申し訳ありません...。
もはや顔面メルティング状態のぐるぐる、呂律も回っておりません。


管理棟横にある温度計も悲鳴を上げています。

b0174425_15165160.jpg
約35.5℃...。

避暑地として有名なここ北軽井沢も、「熊谷」や「館林」が参加していると言われる(?)、日本最高気温記録ダービーに参戦するときがついにやってきたのではないでしょうか!?

とは言え、そんなことを言ってしまうと、40℃を超えている様な地域の方々に怒られてしまいそうなので、言葉を改めさせて頂きたいと思います。


ここ北軽井沢、暑いですがうだるような暑さではありません。

空気もあまりジメジメしておりませんので、不快感などもさほど感じません。

昼夜の寒暖差が激しいので、熱帯夜なども無く快適に夜を過ごせます。

夜晴れていれば星がとても綺麗です。

(※よし!このくらい並べておけば避暑地としての面目躍如になったな!)


ただ、山なので虫は多いです。

そして前述の通り、夜は肌寒くなりますので、上着の一枚でもお持ちになると便利かと思います。


熱中症予防にも、水分の補給はこまめにしましょう!

さぁ、暑さに負けず、張り切っていきましょう!!

b0174425_15410130.jpg


四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-07-25 15:54 | 気候・服装 | Comments(0)
気候と服装
こんにちは!

昨夜は七夕。皆さんは願い事、書きましたか?
北軽井沢は雨でしたが、きっと願い事は届いたはず。
織姫と彦星も、きっと出逢えたはず・・・



なんで、七夕(たなばた)っていうの?

一説によると、かなり省略になりますが、
7日の夕方であることから、7日の夕で「七夕」と書いて
「たなばた」と発音するようになったと言われています。

あ、素敵なお願い事、発見!
ひとつしかお願いできないのに・・・ありがとう!
ぜひ、またあそびにきてね!

b0174425_11324712.jpg



















何、着ていこうか・・・

話が変わって、よくいただく質問のひとつ、気温と服装について。
最近の平均気温は、最高気温20℃、最低気温15℃前後です。

この時期は、だいたい東京との気温差が5~7℃位です。
たまに東京に出かけて、帰ってくると風邪をひきそうになります。笑

b0174425_12250185.jpg


















最近の服装は・・・

日中:内外)半袖orパーカー
朝晩:内)半袖+パーカー、薄手のアウター

SGスタッフでも半袖でいるスタッフは、ごくわずか。

殆どのスタッフが長袖を羽織ったり、
Tシャツの下に長袖をきたりしています。こんな感じです。

b0174425_12012134.jpg

















あ、わかりづらい!という声が北軽井沢まで届きました。
ひとりでは撮れないので、「すたっふ~」!!

心優しいふたりがかけつけてきてくれました。
先日紹介した「しんちゃん(右)」と「つぐつぐ(左)」です。
はっ!沢山「しんちゃん」とお声かけいただいたみたいでありがとうございます。
つぐつぐも近日中にご紹介しますので、お楽しみに!

こ~んなかんじの服装です。

b0174425_12045318.jpg
















ちなみにそんなふたりの七夕へのお願いは・・・

しんちゃん「フカフカのパウダーで沢山滑れますように」
つぐつぐ「しんちょうがあと5センチのびますように」

話しを戻して、女性の方は、
プラス薄手のブランケット等があると重宝すると思います。

b0174425_12212105.jpg

















その他、ご来場前にご不明な点等ございましたら、
お気軽にこちらまでお問い合わせくださいね。

キタカルハイジ

by sg_kitakaru | 2015-07-08 13:26 | 気候・服装 | Comments(0)
アジアの雨に打たれて
こんにちは、ぐるぐるです!

6月に入り、安定しない天候が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが「雨」を表す擬音語にはどんなものがあるのかなぁ?とふと思ったので、僕はインターネットの力を借りて調べてみる事にしました。

調べてみると、出るわ出るわ雨あられ!
(※ここに羅列すると収まりが利かなくなってしまいそうなので割愛します。)

ちなみに僕は表現的には「しとしと」降る雨が好きです。

状況的には「ぱらぱら」と降る雨をボクサーのように体をスウェイングさせながら避けるのが好きです。
(こんなことばかりやってるからいつまで経っても大人になれない僕……。どうかそっと見守ってやって下さい…。)




…さて、気を取り直して参りましょう!!

昨日の雨を表現するならまさに「滂沱(ぼうだ)たる」雨。

つまりスコールです。

b0174425_08290840.jpg

b0174425_08300830.jpg
「ざーっ」と降ってきたと思ったら弱まり、一息ついたらまた強くなる。

かつてバックパッカーとして回っていた、東南アジアのそれを思い出して不思議にもとても懐古的な感情に浸ってしまいました。



改めて思うのですが、日本語の表現は世界中の言語と比較してみても、自然や様々な事象を形容する言葉が際立って美しく、優れているように思われます。
皆さまも日本語独特の豊かな表現、もう一度見直してみてはいかがでしょう?



(…あれ?今日は国語の授業だったっけ…??雨に関してのブログじゃなかった…?)




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-06-16 08:55 | 気候・服装 | Comments(0)
北軽井沢は今日も雨
こんにちは、ぐるぐるです!

6月、梅雨に入り、天気もあまり優れない毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

「梅雨」、またの名を「五月雨」とも言います。
『なぜ6月なのに「五月」と表記するのだろう?』
と、疑問に思ったことはありませんか?

これには、日本古来の暦の歴史に関係があります。

詳しく説明すると、とて~も長くなってしまいそうなので、簡潔に言うと、
昔採用されていた暦と現在の暦は異なり、昔の5月が今で言う、ほぼ6月なのです!




…さて、「雨」に対する考え方は、皆さまそれぞれあると思います。
(「前座の話、ほったらかしかーい!」)

「新緑の良い時期なのに外に出られないよ!」や、
「洗濯ものが乾かなくて嫌だわ~。」という方、

はたまた、「水たまりにジャンプインするのが大好き!」
「農作物にとっては天の恵みだ!」と思う方、
釣りをやっている方々にとっては「爆釣だ!!」と感じる事でしょう。
※河川増水時は大変危険ですのでご注意ください。

もしくは、雨に打たれながら愛を叫んだりしたことがある方もいらっしゃるかもしれません…。

「雨」の捉え方は人それぞれ異なりますが、僕はこの自然の雨と言うものがとても好きです。

室内から外を見れば、空から垂直に落下してくる無数の雨のライン。
雨の中に自ら入り、上を見上げると放射状に落ちてくる雨粒。
下に目を落せば、水たまりと、溝を伝い濁流のように流れ出る雨水。

b0174425_16144909.jpg
さらに雨上がりには、日光に照らされた雨粒たちが煌き合い、幻想的な光景を表現してくれます。

世間一般では雨と言えば「切なさ」や「障害」と言ったようなネガティブな印象を与えがちですが、くるりと見方を変えてみると、様々な表情を見せてくれていることに気付きます。
雨はとても面白く魅力的だと僕は思います。

皆さんも一度足を止めて、雨の多彩な表情に目を向けてみてはいかがでしょう?




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-06-08 16:58 | 気候・服装 | Comments(0)
初夏凛々♪
こんにちは、ぐるぐるです!

ここ一週間程、好天続きのここ北軽井沢。

温度計を見ると…。

b0174425_12581329.jpg
26℃…。

ええええええええぇぇぇぇぇぇ!!?
26℃って言ったら初夏じゃないですか初夏!!

僕はビックリして、すかさずヒートテックを脱ぎました。

浅間山もビックリして雪も大分剥がれてしまったようですね!

b0174425_17153801.jpg

場内の植生も彩り豊か、様々な色が生まれ始めて来ました。

b0174425_17195891.jpg

春爛漫とはこの事ですね♪

道端にはタンポポも萌えたっていました♪

b0174425_17222086.jpg
その隣には、つくしまで!


b0174425_17245355.jpg
つくしといえば、僕が小さい時、祖母と一緒に家の近くの草むらまでつくしを採りに行った想い出があります。

おばあちゃんが作ってくれたつくしの佃煮、懐かしいなぁ...。

...おっと、仕事中にも関わらず感傷に浸りそうになってしまいました。



ということで(?)、北軽井沢から初夏のお便りでした♪

しかし、この時期だとまたいつ冬に逆戻りするかは神のみぞ知るという気候風土ですので、お越しの際は防寒対策、雪対策もされてくると安心かと思います。




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-04-28 17:39 | 気候・服装 | Comments(0)
上毛かるたの「ら」!
こんにちは、ぐるぐるです!

四月も半ば、桜も見頃を迎えている頃でしょうか?
いやぁ、春ですねぇ。



…、「ちょっと待って、ブログのタイトルが気になって内容が頭に入って来ないよ!」
と言う方。

最後までお読みいただけないと悲しいので、ご説明します。

「上毛かるた」、群馬県で生まれ育った方ならご存知かと思います!
こちらは我らが群馬県の誇る、歴史ある伝統文化の一つです。
※「上毛」とは群馬の古称です。

群馬の子供たちは、小学校に上がると必ず上毛かるたの練習を始めます。
そして県大会に向けて、普段は学校でも仲の良い友達でも好敵手としてしのぎを削り合うのです!
そこには情熱があり、熱いドラマがあるのです!!


…さて、上毛かるたの「ら」は、
「雷(らい)と空風(からっかぜ)義理人情」

雷と空っ風は群馬の代名詞とも言える気候風土です。



つまり、今日は何を伝えたかったのかと言うと、
本日の北軽井沢、雷と強風に悩まされる一日となりました。
※「前座長いよ!」なんて言わないで下さい…。


今朝はとても良い天気でしたが、お昼前には曇り始め、浅間山からの吹き下ろしの強風が吹き荒れ、お昼過ぎ頃には地響きの様な雷が鳴り始めました。

b0174425_19134023.jpg


ですが、夕方にはこの通り!

b0174425_19210566.jpg分厚い雲の切れ間に、日没間際のお天道様がその雄大な姿を現してくれました!
この日差しを浴びているだけで「生きてて良かった!」と思えるようなひと時でした。

今日は北軽井沢の、いや、群馬の自然の厳しさ、並びにその美しさを一日に凝縮して体感した日となりました。





四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-04-15 19:31 | 気候・服装 | Comments(0)
春の訪れ? いえ、冬の再来!
こんにちは、ぐるぐるです!

さて、ここ最近の北軽井沢ですが、とても寒い!

b0174425_19434383.jpg
(※4/8の写真です。)


越冬はまだまだの様ですね。


まさかこの時期にもここまで雪が降るとは…。
噂には聞いておりましたが、真実だったのですね…。



僕は昨日、一昨日とお休みを頂いておりました。

お休み初日、気持ちの良い朝を迎え、家のデッキで伸びをしようと思いドアを開けると…。


「えっ!!?」
自らの目を疑いました。

ドアを一旦閉め、両頬を何度か叩き再びドアを開いてみました。
「一面真っ白だぞ?おかしいなぁ??」

扉の横に掛けられた温度計を見ると、-3℃。
「あれ?2日前は20℃あったけど…。」


そう、北軽井沢にまた冬がやって来たのです。

この寒暖差。
これがかつて巷を賑わしたと言われる「ツンデレ」ってやつか!?
僕は北軽井沢のこの時期の気候を「ツンデレ気候」と名付けようと思います。




…さて、どうしようもない独りコントにお付き合い頂きましてありがとうございました。

ここスウィートグラスは標高約1,150mの高原に位置しており、この時期の気候は春と冬を行ったり来たり。
さらに、日中は春の気候だとしても夜はとても冷え込みます。

温かい服装や装備等は必ずお持ちいただくようお願い致します。
また、上記のようにこの時期でも積雪の可能性がありますので、お車でお越しのお客様はスタッドレスタイヤもしくはチェーンのご用意もあると安心かと思います。

北軽井沢の気候・気温・服装等に関しての情報はコチラをご参考下さい。





四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-04-10 21:05 | 気候・服装 | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
> oyakata58さ..
by sg_kitakaru at 21:30
天然のアート、美しいです..
by oyakata58 at 23:42
> kunihikosa..
by sg_kitakaru at 20:36
> めいるいパパですさん..
by sg_kitakaru at 20:14
> くにさん 返信が大..
by sg_kitakaru at 20:08
天気良かったら4/1に東..
by kunihikosakakura at 11:49
今日から娘たち&お友達が..
by めいるいパパです at 20:08
春に北軽井沢に行くのを今..
by くに at 15:22
廣川さま こんばん..
by sg_kitakaru at 20:59
> めい るいさん 雪..
by sg_kitakaru at 09:42
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) 2009 Sweetgrass. All Rights Reserved.