北軽井沢の山奥から物語をつくるスタッフブログです
by sg_kitakaru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:SG浅間山レポート( 6 )
浅間山初冠雪
おはようございます!つぐつぐです。
朝、レジにいるとスタッフしんちゃんが「浅間見た?」と言うので、外に出てみると…
b0174425_10170760.jpg
ゆきだー!!!!!!
思わず叫んでしまいました。
b0174425_10105345.jpg
個人的に冬の森が一番好きなので、これから雪の季節が始まるのかと思うとそれだけで嬉しくて、幸せな気持ちで朝のスタートを切れました。

キャンプ場内に雪が降るのはまだ少し先のようですが、夜は氷点下になることもあります。お車でお越しの際は、運転に気をつけてお越しください。

今日も浅間山とともに
つぐつぐ

by sg_kitakaru | 2015-11-15 12:43 | SG浅間山レポート | Comments(0)
SG浅間山レポート その3
こんにちは、ぐるぐるです!

今朝は久しぶりの晴れ模様!
ここ最近、常に曇りがちで目視することのできなかった浅間山も、ようやくその姿を現してくれました!

b0174425_14120443.jpg















早朝はうっすらと噴煙を確認することが出来ましたが、この写真を撮った時には山の反対側から登って来る雲と火口から立ち昇る噴煙が一緒くたになってしまい、その境界線を正確に確認することはできませんでした。



先日の浅間山噴火のニュースから一週間が経ちました。

あれから何度かのごく小規模な噴火と火山性地震が発生していますが、ここ北軽井沢は平穏に包まれています。

今後、何時、どんな時に、何が起きるか、我々には正確に予見することはできません。
しかし、危機というものに対して備える事は出来ます。

自然の脅威に対して、我々には何が出来るのか、メディアから知り得た情報を基に考えても良い、自ら考えても良い、仲間同士で話し合って考えても良い。
形はどうあれ、何らかの形で「考える」という事が大切なのだと僕は思います。

そして、それを踏まえた上で、「自然に従う生き方」を実現していく。

浅間山麓に暮らす僕たちにとって、それが理想の生き方なのです。





四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-06-23 16:53 | SG浅間山レポート | Comments(0)
SG浅間山レポート その2
こんにちわ
ザッキーです。

浅間レポート その2の報告です。

19日夕方、ごく小規模な噴火が発生しました。

しかし前回と同様、噴火に伴う空振や爆発音等は8km地点
(当キャンプ場)では感じらず、降灰も確認出来ませんでした。

この噴火に伴う噴火警戒レベルの変更は無く、引き続きレベル2の火口周辺警報となっております。

ここスウィートグラスは、ここ最近梅雨の天気でここ数日はぐずついた天気で噴火後は浅間山を時より雲の隙間から見える様な状況です。
なんとか本日の浅間山の写真を捉えようと試みましたが何も見えず、断念です。

また後日皆さんにお伝えできたらと思います。

以上現地リポートでした。

ザッキー


by sg_kitakaru | 2015-06-20 21:00 | SG浅間山レポート | Comments(0)
SG浅間山レポート その1
こんにちは、ざっきーです。

本日(6/16)、9:30頃、浅間山が微噴火しました。
噴火による火山性微動が観測されています。

しかし、噴火に伴う空振や爆発音等は8km地点(当キャンプ場)では
感じられませんでした。若干の降灰はあったと思われますが、
ほとんど気付かない程度です。

SGスタッフはインターネットやTVのニュースから噴火の事実を
しりました。なんせ本日の浅間山は曇り空で全く見えません。

b0174425_16202399.jpg















本日の小噴火によって、警戒レベルが引き上げられることはなく、
レベル2のままですので交通規制等の変更はありません。

現地ではいつも通りの日常が続いており「えっ!?噴火??」てな感じです。

浅間山との付き合い方は過敏に怖がる必要もありませんし、
全く無関心であるのも正しくありません。

火山(自然)に対する畏敬の念と科学的知識そして変化をとらえる
普段の感覚といったところでしょうか!?

以上、浅間山小噴火のお知らせを現地からの報告でした。

ざっきー

by sg_kitakaru | 2015-06-16 16:30 | SG浅間山レポート | Comments(0)
火の鳥「浅間編」
こんにちは、ぐるぐるです!

今日は久しぶりに浅間山のお話をしようと思います。

皆さんはこの時期、浅間山の雪渓に現れる巨大な動物(?)の存在をご存知でしょうか?

こちらです。
b0174425_19193769.jpg
「ひよこ?」「ひょうたん?」「ハチドリ?」「蛇の頭?」「破裂した風船?」
見ようによっては色々な形に見えますね♪

本来であればもう少し大きく綺麗なかたちをしているようです。
写真に収めるのが少し遅かったかも知れません。
今年は雪融けが想像以上に早かったようですね。

この形を見て、ここ北軽井沢に住む人々は様々な考えを持っているようです。
ですが、最も一般的な見え方としては「イワツバメ」とされています。

ちなみに僕は漫画家の手塚治虫氏の作品を読み過ぎてか、この雪渓が、生まれ変わって卵から孵ったばかりの火の鳥に見えてなりません。
※手塚治虫氏について語ると一晩あっても足りなくなってしまいそうなので、今回は誠に残念ですが割愛させて頂きます。

活火山である浅間山、本当に火の鳥が住み着いているのではないかと感じるのは僕だけでしょうか…?




四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-04-16 19:46 | SG浅間山レポート | Comments(0)
forget-me-not
おはようございます、ぐるぐるです!

今日は朝からとても気持ちの良い天候となっております♪

浅間山も晴天と白雪のコントラストがいつもより明確に際立って見えます!

b0174425_10011470.jpgそんな今日は、私ぐるぐるの本領(?)発揮!
という事で山のお話をしたいと思います。

普段、ここ北軽井沢で生活していると、浅間山の独立した山容の素晴らしさに目を奪われてしまいがちですが、
実は浅間山は独立峰ではありません!

浅間山の右手奥に見えるお山、「黒斑山」という名峰です。
その山域には他にも蛇骨岳、仙人岳、鋸山といった山も存在します。

何といっても、この黒斑山から眺める浅間山がとてつもなく絶景なのです!
(※画像が手元にありませんでした、すいません…。)

実際にその眼でお確かめ下さい!
と、言いたいところですが、登山道は結構な険しさの為、軽い気持ちで登ることはお勧めしません。
特に黒斑から蛇骨、Jバンドを抜けて浅間まで縦走するルートは浅間鬼の所業です。
もちろん気持ちだけでなく、装備・技術等も最も重要な要素となりますのでご注意を!

今日は山登りのお話をしましたが、もちろん遠くから眺める山の景色も壮大で素晴らしいものです!

今後スウィートグラスから浅間山を眺める際は浅間山域の隠れた名峰にも目を向けて見てはいかがでしょう。
浅間高原の新しい魅力に気づくことができるかもしれませんよ♪





四季折々の浅間山麓から
ぐるぐる

by sg_kitakaru | 2015-02-21 10:54 | SG浅間山レポート | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
こうして遊んだ!3月EVENT
at 2017-03-28 18:22
雪、積もりました
at 2017-03-27 19:48
積雪状況おしらせ
at 2017-03-26 21:23
週末の天気と気温(3月4週目)
at 2017-03-24 11:14
雪が降っています
at 2017-03-21 13:35
以前の記事
最新のコメント
廣川さま こんばん..
by sg_kitakaru at 20:59
> めい るいさん 雪..
by sg_kitakaru at 09:42
2日間楽しい時間をありが..
by めい るい at 18:28
> あけみんさん あり..
by sg_kitakaru at 10:33
> 爽やかな風さん ツ..
by sg_kitakaru at 10:28
つぐつぐへ いつもワク..
by あけみん at 21:57
> Kaoru&Beet..
by sg_kitakaru at 19:40
北軽井沢の朝の様子が生き..
by 爽やかな風 at 11:39
SGの星空は本当に素晴ら..
by Kaoru&Beet at 10:57
ご参加いただいた皆様とも..
by sg_kitakaru at 12:27
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) 2009 Sweetgrass. All Rights Reserved.