北軽井沢の山奥から物語をつくるスタッフブログです
by sg_kitakaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2/20 理想の家みっけた!

こんにちは


昨日、以前イベントで知り合った「森の雫」のワタルさん、ちかりさんご夫妻の展示会があり、行ってきました。

お二人は見た感じからもとても素敵なご夫婦ですが、
軽井沢で手作り家具、雑貨、イラストなど
手作りであったかで素敵なものを作っている方々です。

HPのイラストのページに 
お母さんが涙をポロポロ流す子どもの頭をなでている絵があります。
これを見た瞬間、ジワ~っと心の奥からあったかくなり、
胸の奥からなんとも言えない痛みを感じました。
絵を見て、こんな想いを感じるとは思ってもいませんでした。
その絵はこれです。
僕の心が病んでいたのでしょうか・・・・・


と、期待に胸ふくらませ 到着・・・
あったかい木にこのパパの包み込むようなイラスト ん~  いい感じです。
おっきなパパの懐の大きさが伝わってきます。
b0174425_1765143.jpg

手作りランプもいいですね~ 寒い冬にコトコト煮込んだあったかシチューが
食べたくなる そんな光景を想い浮かべてしまいます。
b0174425_1783346.jpg

そして この絵!!!!
b0174425_17213986.jpg

ぶったまげました!!!!!!!
感動しました!!!!!!!!
「元気になるキッチン」という絵なんですが、僕達が日々キャンプ場で
考えていることと同じような事が絵になっていたんです。
自然の石壁から豊富な天然水がお手製のシンクに流れ込み
薪を使った炉、シンクの横には畑があり、子どもたちが調理寸前に野菜を
そこから採る これこそ採りたて超新鮮野菜!!

たぶんこの野菜たちは豊富に流れ出した冷たい天然水でじゃぶじゃぶ洗われて
よりみずみずしくなり、食卓へと運ばれるのでしょう。

室内でありながら、外の様な空間とは まさにこんな感じでしょう!
室内でありながら、自然の恵みを存分に味わえる
室内に居ながら外に居る様な感覚さえあります。

そして、この”遊び心” にくいほど素敵です。
こんな非現実的で現実可能かもしれない家って 素敵じゃないですか?

キャンプ場でもそんなことをたくさん考え、取り入れてきました。
まだまだ、いろんな楽しい事はありそうです。

こんな楽しい想像を絵にしていた、ちかりさんやワタルさんとは
空想、想像で1日じっくりお話をしましょうと約束をしてきました。

実は僕、こんな遊び心の詰まった理想を家にしてみたいと夢見ています。
いや~貯金はまだですけどね・・・


その他にもこんな素敵な絵もありました。
b0174425_17331623.jpg

b0174425_1735616.jpg

手作りのシズクくんたち
b0174425_17371997.jpg

b0174425_1738259.jpg

テーブルも
b0174425_17382216.jpg



ご来場のお客様もスウィートグラスに来る際にはお立ち寄りください。
碓氷軽井沢ICからスウィートグラスへ行く途中にお店があります。
営業日はHPでご確認くださいね。
by sg_kitakaru | 2010-02-20 17:48 | 今日のできごと | Comments(0)
2/8 浅間高原最古の別荘との格闘!!!
こんにちは

先日の寒波 北軽井沢も 約30㎝ほどの積雪があったでしょうか。
今週末の冬季営業に向け、子ども達にはうれしいプレゼントとなりました。 

昨年夏OPENしたフォレストアドベンチャーあさま
今年、約8000坪の森は「自然と共生する森」=「ルオムの森」として生まれ変わります
この森には日本ラグビーの父、田中銀之助が
大正時代に造った浅間高原最古の別荘があるんです。
実は国の文化財になるほど価値あるものなんです。
※田中銀之助に関する詳細は下部に記します。


この洋館をライフスタイル提案として
「薪ストーブ展示場」「雑貨屋さん」などで表現しようと考えています。

痛みの激しいこの洋館を当時のままに復元すると
目が眩むようなほどの大金がかかってしまいます。
なので、見る人をノスタルジーな世界へ呼びさます、
この洋館をできるだけ自分達の手で
復元しようと スタッフ総出で解体作業を行いました。


大正時代この洋館ホールでは舞踏会が開かれていたとか・・・
b0174425_12281419.jpg

二階部分の床を抜き、長い柱が姿をあらわしました
b0174425_12334213.jpg

今見ても、うなるようないい仕事をしています
b0174425_1238293.jpg
b0174425_123813100.jpg
b0174425_12382476.jpg


壁は全て土壁 埃との格闘です! アルカイダ武装集団ではありません!
b0174425_12385776.jpg

b0174425_1240572.jpg

御隠居部屋の屋根裏には大きなハチの巣
b0174425_12411061.jpg

ふすまを剥がすと裏紙で使用されていたのは当時の趣たっぷりの台帳が
b0174425_1242997.jpg

流暢な字体、僕にはまったく解読できません・・・
b0174425_12432216.jpg

当時の五寸釘
b0174425_12441735.jpg

まさかのお宝がないかと 軒下もチェック! 
b0174425_12445219.jpg

銀之助は卑しい心を持った僕に天罰!!
突然 床が抜け、膝を強打!!!膝の皿が割れたかと思うほどの
激痛に5分間転げまわる
b0174425_12454449.jpg




埃との格闘の上、大まかな解体は終了、
後はどのように作り込むか? です。

ラグビーの父よ!我もラガーマンなり、
友よ!お守り賜え!!!
HK


田中 銀之助(たなか ぎんのすけ、1873年(明治6年)1月20日 - 1935年(昭和10年)8月27日)は、
明治、大正、昭和の実業家。イギリス・ケンブリッジ大学に留学し、帰国後ラグビーを日本に伝えた。

【来歴・人物】

生糸の相場で儲けた「天下の糸平」こと田中平八の長女と北村菊次郎の間の長男として生まれた。
父は三代目田中平八を名乗り、糸平不動産、田中鉱山を興した。

当時の進学予備校であった神田淡路町の共立学校(現・開成中学)に一時在籍し、
学習院尋常中等科(現・学習院中等科)へ入学。
1887年に留学準備のため横浜のビクトリア・パブリック・スクールに入学。
(ここで後に共にラグビーを日本に伝えるエドワード・ブラムエル・クラークと出会う)

1889年にイギリス留学。
リーズ校を経て、1896年にケンブリッジ大学トリニティ・ホール・カレッジに入学。
1896年6月に法学士の学位を取得後に日本に帰国。
田中銀行の取締役に就任。後に田中鉱業、東洋鉱山、日本製鋼所の役員にも就任。

1899年頃にクラークと共に慶應義塾の塾生にラグビーのルールについて伝えたとされる。
なお、日本ラグビーフットボール協会の初代名誉会長であった。
(会長就任を固辞したために名誉会長となったとされる)

田中平八(たなかへいはち 1834年8月15日(天保5年7月11日) - 1884年(明治17年)6月8日)は、
幕末、明治の実業家。本姓は藤島。幼名は釜吉。名は政春。

現在の長野県駒ヶ根市生まれ。
生家は資産家であったが米と綿相場で失敗し没落。
三男であった平八は1846年(弘化3年)頃に現在の飯田市の魚屋に丁稚奉公に出された。
1849年(嘉永2年)頃には魚屋として独立。1853年(嘉永6年)に田中はると結婚し、
田中家の養子となり田中姓を名乗る。
その後、名古屋・伊勢町や大阪・堂島の米相場に手を出すが大損をする。
by sg_kitakaru | 2010-02-08 13:04 | ルオムの森&SGA | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
> oyakata58さ..
by sg_kitakaru at 21:30
天然のアート、美しいです..
by oyakata58 at 23:42
> kunihikosa..
by sg_kitakaru at 20:36
> めいるいパパですさん..
by sg_kitakaru at 20:14
> くにさん 返信が大..
by sg_kitakaru at 20:08
天気良かったら4/1に東..
by kunihikosakakura at 11:49
今日から娘たち&お友達が..
by めいるいパパです at 20:08
春に北軽井沢に行くのを今..
by くに at 15:22
廣川さま こんばん..
by sg_kitakaru at 20:59
> めい るいさん 雪..
by sg_kitakaru at 09:42
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) 2009 Sweetgrass. All Rights Reserved.